健康ブームが訪れていますが、その中でもコラーゲンが健康に良いと言われているのは多くの人が見聞きするところでしょう。

実際に、それを使ったドリンクや食品などが販売されておりテレビコマーシャルや雑誌の宣伝そしてインターネットの広告などでもその成分が含まれたサプリメントが扱われているものを目にしている人も多いはずです。

もともと人間の体にはコラーゲンが含まれていますが、これらは年齢とともに減少していくものです。

これらは、体の皮膚や骨などを作る成分の一つとして知られており、不足することによって皮膚が老化したり関節や骨が老化することが考えられます。

そのため、ある程度の年齢になれば積極的に摂取するべきと考えられてきました。

確かにその点に関しては正しい考え方ですが、フカヒレや牛すじなどのコラーゲンが多く含まれているものが必ずしも体内でコラーゲンを生成するとは限りません。

身体の中に摂取すると、そのままの形で残るのではなく、もともとたんぱく質の一種になりますので体はこれをアミノ酸やペプチドに分解してしまいます。

アミノ酸やペプチドは、体の中で必要な成分になります。

それはそれで健康にはつながりますが、本来の目的と違った形で消化されてしまうため、サプリメントやドリンクあるいはフカヒレなどを食べたとしても本来の効果を期待できるわけではありません。

これに対して、鍋などにすればよいかといえば実はそれもまた違います。

基本的に熱にさらすことで形が崩れてしまいますので、なべに入れたフカヒレや牛すじそして手羽先などは三本のらせん構造が破壊されてしまい、水によく溶けるようになってしまいます。

つまり、あまり栄養分としては効果がなく直接健康になるわけではないことを知っておきましょう。

たんぱく質としてアミノ酸やペプチドに分解する場合には、やがてアミノ酸やペプチドがたんぱく質の成分の一つとしてタンパク質をつくりあげます。

タンパク質の成分にもさまざまなものがありますが、これがコラーゲンに変化するとは限りません。

人間の体の中にはもともとその人なりのDNA情報があり、体の中にはいって来たものがどのように分解されるかは人によって異なるところです。

そのため、希望通りに分解されるとは限らないことを考えると、それが本当に希望した成分になるかはわからないところです。

もし食べる場合でも、アミノ酸ばかりにならないようにバランスよく食べることが健康につながるでしょう。