コラーゲンには動脈硬化を防ぐ働きもあると考えられます。

これはコラーゲンが血管などの弾力を作るからと考えられています。

血管というのはいわばゴム管のような漢字のモノで、これがある程度の弾力を持っていることで、血管が破裂しないで血液を流すことが出来ていると考えられています。

血管が硬くなってしまうと、ガラスのような感じになり、弾力がなく伸び縮みすることが出来ない状態になります。

これが動脈硬化というわけだ。

これは文字通りに動脈が硬くなってしまう事からこういう名前が出来ているわけですが、この固くなる要因の一つとして、コラーゲンが考えられるということになるわけです。

コラーゲンは細胞の中でいわばばねのようなぶよぶよした感じで働くようになっています。

ここで水分を蓄えたりするわけですが、これが正常に働かなくなると、どんどんと血管が硬くなっていき、弾性が無くなっていってしまうわけです。

良く、固くなるのであれば壊れないのではないのかということを感じる人もいますが、硬いということは脆いということだと考えると分かりやすいでしょう。

普通の人は硬いとイコールになるのが強いというイメージですが、こと血管に関しては硬いと壊れやすいのでこれが血管でおきると血管が破裂したりするようなことで、人の健康に重大な害を及ぼすことになるというわけだ。

人の体の全ての細胞は血液によって細胞が活動できるようになっていて、血液が来なくなるようなことかがことあれば、それは即致命傷ともなりかねないものともなります。

そのためこうした病気は出来るだけ早く気付く必要があるわけてです。

血管に関する病気は目に見えないので気づくことか遅れるという事が多々あり、自覚症状が出てくるころにはかなり悪化した状態でないと分からないという事も良くある事です。

動脈硬化はある日突然、血管が詰まるというとこもある病気なので突然死のような形で人が急に亡くなってしまうという事も度々起きています。

現代病ともいわれる成人病の代表的なものとされながらもなかなか実績がないということで、かなり慎重に扱われてきました。

ですが近年になってその要因も原因もかなり解明されるようになってきていますから、これがコラーゲンなどの栄養とも深い関係がある事が分かってきたわけです。

この栄養を多く服喪沖縄の人たちが長寿なのもこうした理由が一因としているのではないかとも考えられたりもしています。