コラーゲン効果

40/41ページ

コラーゲンの成分

コラーゲンはタンパク質の一種なのですが、タンパク質は炭水化物や脂質とともに三大栄養素と呼ばれている成分で、人体を作るためになくてはならない存在です。 人間の体を作っているタンパク質のうち約30%がコラーゲンだと言われていて、皮膚全体では約70%を占めています。 アミノ酸がつながってできた鎖状のものを3本組み合わせた構造をしており、これを「三重らせん構造」と言いますが、肌の中でベッドのスプリングのよ […]

ヒアルロン酸とコラーゲンの効果

どちらも元来人体の中の様々な部位にあるのがヒアルロン酸とコラーゲンであり中でもヒアルロン酸は脳や軟骨、目や皮膚に多くゼリー状で存在しているのが特徴です。 水分の分子を結合させる特性も有しているので、正しく機能していれば目や表皮の潤いがキープされますし、関節を動かした時に引っかかりが感じられないスムーズな様子になります。 一方のコラーゲンはたんぱく質の一つであり骨や血管、腱や歯などに多く見られ血管を […]

低分子のコラーゲンペプチド

乾燥やフェイスラインのゆるみや口元のほうれい線や目尻の小じわやたるみ毛穴やしわやくすみやざらつきやごわつきやキメの粗さなどの加齢による肌トラブルに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。 それはコラーゲン不足が大きく影響しているということを理解しておきましょう。 コラーゲンは25歳頃からどんどん減少していき、それに伴い加齢による肌トラブルもどんどん深刻化していきます。 コラーゲンが不足す […]

コラーゲンとゼラチン

コラーゲンと似たようなものとしてゼラチンを挙げる人がいます。 煮こごりの感じとゼリーの様子が似ているからです。 実はこの2つは全く同じ物であることはあまり知られていません。 コラーゲンとゼラチンの違いは分子量の違いや分子の組み立て方の違いだけであり、その成分も効果も全く同じです。 つまり体内にコラーゲンを取り入れる場合にはゼラチンを摂取することで事足りるといったところです。 またコラーゲン配合の化 […]

コラーゲンと女性の健康

コラーゲンといえば、たんぱく質を作りだす成分の一つになりますが、健康食品としても注目されているのは有名な話しです。 それは、女性にとっても非常に魅力的で最近のブームに便乗して多くの人が摂取しています。 その働きは、体のタンパク質をつくるもので皮膚の老化を防ぐために重要なものです。 もともとコラーゲン自体は人間の体の中にあるものですが、年齢とともに減少していくため積極的に摂取することが大事になります […]

コラーゲンで免疫力を高めて健康に

コラーゲンといえば美肌に効果がある成分として有名です。 ところが、近年の研究の結果、コラーゲンには免疫力を高める働きがあることがわかってきました。 免疫力とは、一言でいえば病気にならないようにする体の防御機能のことです。 お肌に優しいコラーゲンが健康にもよいとはどういうことなのでしょうか。 もともと人間に備わっているコラーゲンは、皮膚の弾力や強度を増すために働いています。 これが減少すると、皮膚が […]

コラーゲンと内臓の健康

三大保湿成分として有名なコラーゲンは、美肌を作るためになくてはならないものです。 ハリや弾力を保つために必須であることは多くの女性が知っていることですが、実はそれ以外にも重要な役割を持っています。 たんぱく質の一種として存在するコラーゲンは、皮膚の表皮の層で約7割以上を占めていますが、これ以外にも骨や血管、内臓のいたるところに存在し、人体を構成しています。 アミノ酸を主原料としてビタミンCや亜鉛と […]

コラーゲンで健康的アンチエイジングを

コラーゲンは美容に最適な成分になり、コラーゲンを摂取する事で、健康的にアンチエイジングを行うことが出来ます。 基礎化粧等で肌を若々しく保つ事も出来ますが、体の内側から健康的にアンチエイジングをする方が、手間もかかりませんし、長く美貌を保つことが可能です。 コラーゲンを摂取する際には食べ物からでも取り入れる事は出来ますが、効率が悪いので、コラーゲンを簡単に取り入れる事が出来るようにサプリメントなどを […]

目の健康とコラーゲン

眼球を構成する硝子体や水晶体、角膜などはコラーゲンが重要な役割を果たしています。 眼球のほとんどを構成し、支えていると言っても差し支えないほどに密な関係です。 例えば、細菌やウイルスから角膜を守る働きがあると言われており、不足することで傷つきやすくなってしまいます。 その結果、視力の低下や白内障、老眼の症状に陥りやすいのです。 また、ピントの調整機能は水晶体の厚みを調節する筋肉の収縮によって行われ […]

コラーゲン:動脈硬化への効果

コラーゲンには動脈硬化を防ぐ働きもあると考えられます。 これはコラーゲンが血管などの弾力を作るからと考えられています。 血管というのはいわばゴム管のような漢字のモノで、これがある程度の弾力を持っていることで、血管が破裂しないで血液を流すことが出来ていると考えられています。 血管が硬くなってしまうと、ガラスのような感じになり、弾力がなく伸び縮みすることが出来ない状態になります。 これが動脈硬化という […]

1 40 41